商品撮影技術

商品撮影技術
ハーフミラーを使っての特殊撮影技術

今回はハーフミラーを使った撮影についてご紹介します。 メタリックなパッケージ等を真正面からとる場合、カメラが映りこんでしまいます。 ライティングを工夫して目立たなくすることは出来ますが、質感が失われ平板な印象になってしま […]

続きを読む
商品撮影技術
大判デジタルならではのアオリ撮影⑤バックシフト

今回はカメラ後部のシフトを使ったテクニックを説明します レンズが像を結ぶ範囲をイメージサークルといいます 画面の端によった被写体はどうしても歪んでしまいますが イメージサークルの中央に商品をセットすれば歪みません イメー […]

続きを読む
商品撮影技術
大判ならではのアオリ撮影④超接写編

小さいものを大きく撮影する接写(マクロ撮影)では、カメラのレンズを前面に繰り出す必要があります 通常カメラのレンズでは繰り出し量に限界がありますが、大判4×5ビューカメラの長い蛇腹(ジャバラ=ベローズ)を利用すれば、格段 […]

続きを読む
商品撮影技術
大判ならではのアオリ撮影③ティルト編

大判4×5カメラのアオリ機構を使用すると、ピントの合う範囲を自在にコントロールすることが出来ます カメラのレンズを傾ける=ティルトにより奥行きのある被写体の全面にピントを合すことが出来ます デジタルカメラのライブビュー撮 […]

続きを読む
商品撮影技術
大判ならではのアオリ撮影②フォール編

大判4×5ビューカメラのアオリ機構を使用すると、作画範囲を自由にコントロールすることが出来ます カメラレンズをフォール(下げる)ことによって、被写体正面にカメラのレンズが写り込んでしまうのを避けることが出来ます デジタル […]

続きを読む
商品撮影技術
大判ならではのアオリ撮影①スイング

大判4×5ビューカメラのアオリ機構を使用すると、ピントの合う範囲を自在にコントロールすることが出来ます スイングは左右方向に奥行きのある被写体の全面にピントを合すことが可能です デジタルカメラのライブビュー撮影機能も利用 […]

続きを読む
イメージ撮影
商品撮影館塾始めます

商品撮影についてのあれこれ、明日からお伝えしていきます

続きを読む